最近は小学校の授業などでA4サイズのプリントなどをまとめる為に『フラットファイル(紙表紙)』が使用されることもあり、ランドセルも大きなフラットファイルが収納できるようにサイズアップされてきました。

現在では、ほとんどの人気ブランドが「A4フラットファイル対応」のランドセルを取り扱っています。

 

しかし、一見メリットしかないように感じる「A4フラットファイル対応」ですが、じつは絶対に必要な機能ではないのです。

ときには、もっと小さいサイズを選んだほうが良いこともあります。

 

こちらでは、そんなランドセルの『サイズ』について、お子さまに合わせた選び方をご紹介しています。

ぜひ、ランドセル選びの参考にしてみてください♪

A4フラットファイル対応ランドセルが「必要ない」学校もある

はじめに「最近は『A4フラットファイル』を使用する小学校もある」といいましたが、全国の小学校で必ず使われているかというと、そういうわけでもありません。

小学校によっては全く使用しないところや、年に数回使用す程度の学校もあります。

小学校に必要かチェックしてみましょう!

ランドセルを選ぶ前にまずは、これから通う学校に「A4フラットファイルを授業などで使用するのか・使用頻度はどのくらいか」問い合わせてみましょう。

これが分かれば、これからどのサイズのランドセルを選べばいいか決めやすくなります。

必要ならば「A4クリアファイル対応」ランドセルを選ぶ

そもそも現在のランドセルのサイズは、メーカー・ブランドごとにわずかに差はありますが、大きく分けると次の2サイズがあります。

  • A4フラットファイル対応サイズ・・・(以下『フラットサイズ』)
  • A4クリアファイル対応サイズ・・・(以下『クリアサイズ』)

この2つのサイズは、名前のとおり「収納できるファイルの大きさ」で決められています。

それぞれの収納できるファイルのサイズを、『A4用紙』と比較すると下の図のような大きさの違いがあります。

ランドセルA4ファイル 比較

※A4フラットファイルは、メーカーによって大きさがわずかに違うこともありますので正確な数字は省略しています。

A4フラットファイル対応サイズは「動きづらい」

「大は小を兼ねる」という言葉があるように、正直『フラットサイズ』のほうが大きいものが収納できるので便利ではあります。

しかし、幅が広いフラットサイズは、小さい教科書などを入れたときに横のスキマが大きく出来るので、通学中にガチャガチャと揺れやすくなってしまいます。

また、ランドセル本体もかさ張り、わずかですが重量も上がりますので、小さな身体のお子さまからすると「動きづらく感じてしまう」こともあります。

身体の小さなお子さまには「A4クリアファイル対応」サイズがおすすめ

身体の小さなお子さまが通学中にフラフラとランドセルに揺られていたら安全面で心配になりますよね。

もしも、小学校で「A4フラットファイルを使用しない」または「使用頻度が少ない」と分かっている時は、大きなランドセルは必要ないので、『クリアサイズ』のランドセルを選んでみるのもひとつの手ですね♪

じつは『収納力』に差はほとんど無い

しかし、「いくらコンパクトで軽くても収納力が落ちてしまっては元も子もないのでは?」とお考えのご家族様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ご安心下さい。じつは『フラットサイズ』と『クリアサイズ』は収納力に大きな差はありません。

 

というのも、あくまでこの2つのランドセルは、A4フラットファイルが「曲がらずに入るか・入らないか」の違いだけです。

教科書を2冊横に並べて収納できるほどの幅の差があるならともかく、結局は教科書を重ねるようにして入れるしかないので、よほど工夫していれない限り入る教科書の数は変わらないのです。

ですので、A4フラットファイルが必要ないのであれば、『クリアサイズ』のランドセルを選んでも問題ありません♪

『A4クリアファイル対応』ランドセルを扱う人気ブランド

数年前までは主流だった『クリアサイズ』のランドセルですが、現在は取り扱っているブランドも少なくなりました。

そこで、小さいランドセルが必要なお子さまの為に、こちらでは現在も『クリアサイズ』の取扱いをしている、おすすめの人気ブランドをご紹介いたします!

おすすめの人気ブランド2選

従来の「コンパクトさと軽さ」を活かした人気モデル
大手メーカのフィットちゃんでは、現在も小さなお子さまのことを考えて『クリアサイズ』のランドセルを取り揃えてくれています。
女の子向けランドセルは、『ロイヤルローズ』、『ロイヤルロータス』、『ポップガール』。
男の子向けランドセルは、『テキサスボーイ』、『ハンサムボーイ』、『モダンクラシカル』。
それぞれ3種類のモデルの中から選べます。
お値段もWEB販売価格で¥37,000円~¥46,000円とお手頃で、とてもコストパフォーマンスの高いおすすめランドセルです♪
「コンパクトさと収納力」を両立させた新構造!
大峡製鞄さんのオオバランドセルは、コードバンランドセル全てが『クリアサイズ』になっています。
本来、小さなお子さまには不向きな重いコードバンも『クリアサイズ』ならちょっぴり軽くなって取扱いやすくなっています。
また、コードバン以外の牛革や人工皮革製のオオバランドセルは、新規開発した『トラピーズ』という構造を採用しているので、コンパクトかつ収納力も抜群です!
トラピーズとは
ランドセルの大マチ部分の形が『台形』になっていて、背中に近い面が広くA4フラットファイルを収納できるようになっています。
また、背中の面から離れるほど幅が小さくなるつくりで、小さな教科書などを入れても横にグラグラと動きにくい構造です。
必要なところに必要なものを入れることが出来るとても便利なランドセルです。
おすすめの記事